ロゲイン効果って?薄毛に効果はあるのか?

ロゲイン効果って?薄毛に効果はあるのか?

ロゲイン効果って?薄毛に効果はあるのか?

育毛剤ロゲインに期待できる効果とは?

育毛剤としてたいへん有名なロゲインには、高い育毛効果があるということで知られています。その一つは、高い発毛効果です。ロゲインに含まれているミノキシジルという成分には、血管を拡張させる働きがあるため、頭皮の毛細血管を広げ、必要な栄養や酸素が十分に運ばれるようにすることができます。そのために、高い発毛効果が期待できるというわけです。
ロゲインに期待できる別の効果は、太くて丈夫な髪の毛を生成することができるというものです。ミノキシジルによって血管が拡張され、十分な栄養や新鮮な酸素が頭皮に行き渡るようになるため、生成される髪の毛は細くて弱々しいものではなく、太くて丈夫な強いものとなります。こうした作用によって、せっかく生えてきた髪の毛が、成長の途中で抜け落ちてしまうといった事態を避けることができます。
さらに、育毛剤ロゲインに期待できるもう一つの効果は、抜け毛の原因を制御するというものです。一般に、抜け毛の原因となっているものとして、男性ホルモンであるDHTがあります。ロゲインに含まれる成分によって、こうした抜け毛の原因を制御できるため、抜け毛を予防し、なおかつ抜けにくい髪の毛が生えてくるよう促すことができます。

薄毛は遺伝するというのは本当?

「薄毛は遺伝する」ということはよく言われていることですが、これについては確かにその通りであると言える部分もあります。
もちろん父親や祖父が薄毛であればその息子、孫が間違いなく薄毛になるといった確実なものでは無いのですが、現段階の研究では「男性ホルモンによる影響をどれくらい受けるのかという要素は母方の遺伝子に影響されやすい」ということが明らかになっています。
一般的に女性にはAGA、つまり男性型脱毛症の症状が出ることは無いために母方から遺伝するというのはイメージしづらいところもあるのですが、例えば母方の祖父が薄毛だった場合にはその孫となる男子が薄毛になりやすいといった形になるわけです。
時折「薄毛は隔世遺伝する」と言われるのはこのことが原因で、母方の祖父が有していた男性ホルモンの影響を受けやすい遺伝子が伝わるというのが、ちょうど娘という一代を挟んでいるために隔世遺伝するといった誤解につながったわけです。
ただ祖父からそうした特性が受け継がれたと言っても薄毛になる確率は全体の25%ほど、4人に1人程度だとされていますから、どちらかというと遺伝的特性よりは日常の生活週間の方が影響は大きいと見て良いでしょう。


ホーム RSS購読